So-net無料ブログ作成
-  |  次の10件 »

化粧白鞘 肥前国住近江大掾藤原忠廣 無傷無欠点

118.png

>>肥前国住近江大掾藤原忠廣の詳細はコチラから

切味が良く大業物に指定されていますし、
数多く重要刀剣の認定を受けています。

この時代の忠廣の刀身は本来二尺程度とされています。

忠廣は初代忠吉の子で
寛永九年に忠吉が没した時はまだ十九歳の青年でしたが、
同九年から作刀が見られる事から
元来刀匠としての天分と技量を持ち合わせていた事は無論ですが、
初代忠吉の弟子達の協力によ忠廣を助けたことも
大きな力となっているようです。

寛永十八年七月に近江大掾を受領し
元禄六年八十一歳で没するまでの間、
作刀歴は六十有余年に及んでいます。

青木木米造 南蛮写 急須

117.png

>>南蛮写の詳細はコチラから

持ち手に木米在銘がはいっております。
丸形でかわいらしい急須です。
持ち手先端部分に極小ホツがあります。
その他は、きず・直し等無く状態良好です。
経年によるスレ等は、ご了承下さい。

高さ:7.0センチ
持ち手まで:8.1センチ
注ぎ口まで:8.0センチ
胴回り:6.8センチ

日本陸軍九八式軍刀 鮫皮巻鞘 軍刀拵え

116.png

>>日本陸軍九八式軍刀の詳細はコチラから

鞘の金具に緑青が所々見られますが
長年鞘覆いに守られてきたので当時の色艶を残した状態のままです。

日本陸軍98式軍刀研出大粒鮫皮巻鞘になります。

本来、鞘は革製の鞘覆いに入っていましたが
割れなどの確認のために丁寧に縫い目を解いて鞘覆いから出しています。
縫えば元に戻ります。

鞘覆いも滑らかで綺麗です。
柄覆いの一部に破れがあります。
鞘は親粒付鮫皮で傷・割れ等見られず綺麗な状態です。

龍紋大壷(後期) 古玩色々 李朝

115.png

>>龍紋大壷の詳細はコチラから

無疵無欠点です。
李朝蒐集家の方には此の機会に
お薦めの一点と思います。

最近では余り見掛けなくなった
大変状態の良い大壷です。

初出し直ぐの出品で
長い事蔵の中に眠っていた物です。
時代の擦れ汚れ等は有ります。
時代箱が付属しています。

口部が僅か傾きが有りますが、
気に成る様な物では有りません。

金彩手彩色白薔薇紋飾扁壷 ミントン アンティーク

114.png

>>金彩手彩色白薔薇紋飾扁壷の詳細はコチラから

1880年製で、深みのある美しいコバルト地に
油彩画を髣髴させる見事な絵付けが施されたアンティーク
ミントンの作品となります。

端正な扁壷の器体全体にコバルトが掛けられ、
センターの絵図はエナメルににて
油彩画による白薔薇を表現した
素晴らしい御品となります。

盛り上がりを見せるエナメルのタッチは
まさに油彩画の表現を巧く引き出しております。

藤原清人 二尺四寸六分 特別貴重刀剣 白鞘

113.png

>>藤原清人の詳細はコチラから

資料として平成18年正月の
刀剣美術誌鑑定刀の清人元治二年作を添付しました。
日本美術刀剣保存協会の認定書も付いた確かな御刀です。
是非この機会に家宝としてお求めください。

元治元年清人37歳と刀工として最も充実した時期に作刀された御刀で
師の清麿と比べると互の目の刃紋も整然と焼かれ、
刃中に金線砂流しと働きも十分です。

清人の作にはこのように板目が流れて柾目肌になる作風が有り、
清麿門下では大和伝を鍛える弟子は清人のみで
彼の創意工夫がうかがい知れます。

金彩色絵染付鳳凰紋皿 明治伊万里 精磁会社

112.png

>>金彩色絵染付鳳凰紋皿の詳細はコチラから

とても珍しい精磁会社製の
金彩色絵染付鳳凰紋皿となります。

磁体は当時見られる厚手のものではなく
薄手に造られ中ほどに段が入った洋食器を
イメージさせる御品となります。
裏に精磁会社のマークが印刻されております。

経年による金彩の薄れは見られますが、
ひび欠けも無い綺麗な御品と思います。

ウランガラス製 霰コップ 時代ガラス 古ガラス

111.png

>>霰コップの詳細はコチラから

蛍光もとても良くいたします。

状態はとても良いです。
ひびや欠けなども無い綺麗な御品と思います。

ウランガラス製の霰コップとなります。
タンブラー・コップ類は
なかなか現存する良い状態のものが少なくなっており、
特にウランガラス製のものは少ないのでこの機会にいかがでしょう。

七宝繋金赤縁3色棗形氷コップ 大正期

110.png

>>七宝繋金赤縁3色棗形氷コップの詳細はコチラから

涼を届けてくれるモダンな雰囲気溢れる逸品和ガラスです。

鮮やかな色合い美しく可愛らしい姿に魅了されます。

素晴らしい色使いと味わいあり趣きある
ガラスが見事に調和しています。

ステム・足にはウランガラスが用いられています。

アイスクリーム等を盛って使っても頂くのは勿論の事、
飾っても頂いても大変素敵です。

長谷川一清 純銀製古瓦鳩金工置物 傑作超絶技巧

109.png

>>純銀製古瓦鳩金工置物の詳細はコチラから

状態に関しましては、
永年の保管で純銀の鳩が真っ黒になっておりましたので
今回の出品にあたり磨きに出しましたから
見応えも最高の無疵完品です。

割れ欠けヒビの無い超美品の部類かと思われますが、
時代作品ですので制作時に由来するものや
経年劣化は御了承願います。

パリ万国博覧会等にも出品した経歴の在る長谷川一清作の
世界に誇れる超美術館級の名品となっております。

-  |  次の10件 »
Copyright © ヤフオクでアンティークコレクションを揃えよう! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。